--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2017/06/17 (Sat) 12:07

0 ⇨ 1へ

先月の鞄持ち。


ゼロから築き上げる工程をぴったり真横に付いて体験させて頂いています。

来月末あたりに形になるでしょうか。
S__62111761.jpg
S__62111759.jpg
S__62111764.jpg
S__62111768.jpg
S__62111771.jpg
S__62111774.jpg
S__62111779.jpg
S__62111780.jpg
S__62111783.jpg
S__62111784.jpg
S__62111785.jpg
S__62111787.jpg
S__62111789.jpg
S__62111790.jpg
S__62111791.jpg
スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 未分類
2017/06/15 (Thu) 18:43

強み


自分の強みを見出すヒント


「得意なこと」 「上手にできること」 これらも強みであることには違いないが

卓越した強みに値するには物足りないでしょう。

よくできることを卓越した強みに昇華させるには、資質の上に強みとして磨き上げたいものを乗せるべきです。

何かをできるようになるには、時間と労力をかければ誰でもいい所まではできるようになるけれど、卓越した強みにまで昇華させるには自分の資質を理解し、自分にあったやり方で強みとなるように磨かなければならないのです。


では自分の資質をどうやって知るのか?


何かををよくできるようになるに至った方法やプロセスに本当の強みの原石はあります。

それらを資質とも言います。

つまり

結果を見るよりも取り組みを見る。 

イチロー選手の大記録からではなく、毎日のトレーニングを見るということです。




例えば 「英語を話すことが上手」。

これも確かに上手になれば広義の意味で強みとも言える。 現象として現れていることです。

しかしその人の本当の意味での強みは

英語を話せるようになるまでにどのようなプロセスを経たかに隠れています。

その人の中にあります。

どのようにして習得したのか


例えば

①決めた通りの時間にコツコツと勉強をした

②とにかく人に会って実際に話して身につけた

③毎日ではないが、週末に12時間づつ集中して勉強した


など


それぞれ目標に対してのアプローチが違います。

そこにそれぞれの個性、いわゆる強みとなる資質が隠れています。

何か目標を立てた時に、どのような取り組み方を選ぶかで成果に大きく差が出ます。

右利きの人が無意識に右手でボールを投げるように

無意識ではたらいている思考や行動が資質です。

ここでは「英語を話せる」ことを習得するまでも方法が様々あることがわかります。


例えば一つ目の

①「決めた通りの時間にコツコツと勉強をした」

という人であれば、計画的にゴールから逆算して無理なく着実に進めていく方法です。

この方にとってはこの方法が当たり前で、決まった時間に行わない方がストレスを感じるかもしれません。

そして毎日少しづつ目標に近づいていることを喜びに感じながら過ごしているかもしれません。



②であれば文章でインプットするよりも体験によって記憶させていくのでしょう。

③は集中力がとても長く続く人でしょう。



①の方法を無意識に取り入れる人に、③の方法を当てはめても同じような結果は得れないでしょう。

何もしない平日と極端な週末の勉強時間に押しつぶされることでしょう。



まとめると


・他の人には難しいが自分には苦じゃなくできる、続けられる

・パターン化された行動



これらの活動に当たるものが自分の資質です。

それを知り、その上に「英語」だったり「料理」、「接客」、「商品開発」などといった卓越した強みにしたいコンテンツを乗せます。

あとは労力と時間をかけて磨き上げていけばとても強力な武器になるはずです。


根幹となる部分はここです。 

どのように磨いていくかといった方法は様々なものがあるので割愛します。


肝心なのは自分の資質を知るということです。

資質を一言では言い表せません。

聞く人、書く人、話す人、読む人、様々です。

それら資質を総動員してパターン化させることができれば、上に乗せるコンテンツはある程度なんでもそこそこできるようになります。

ただ、熱量を持ってやり続けるには別の燃料が必要です。

興味、関心、夢、期待 などです。

卓越させるには適切な動機が重要になってきます。

これらを体系的に整頓できたならば自分の可能性をとても広げることになります。
Trackback(-) comment*0 | 未分類
2017/06/09 (Fri) 10:27

Result



行ってました。

総合102位 カテゴリ8位でした。

初参戦であることと、トレーニング不足にしては許せます。

全てにおいてまだまだ余白があるんで来年は50位を目指します。


finisherpix_2045_031041.jpg 
Trackback(-) comment(-) 未分類
2017/05/07 (Sun) 09:13

庶務一課


GWも最終日でございます。


連日たくさんのお客様にご来店いただき、スタッフ一同ありがたく慌ただしいウィークを過ごしております。


そんな世間様の連休どきは僕たちの活躍する時なので気合が入ります。



おやすみモードの中は普段利用してくださるテンションとは違いますから、こちらもギアを一つあげて挑みます。




僕は店には常駐していないので、連休中はCK業務や不慮の事態に備えつつ新事業の準備を進めています。


不慮の事態とは


なぜか計ったかの様に繁忙期には設備のトラブルがあります。 そのことです。


例えば




『暑い時期にエアコンが効かない!』


『トイレの鍵が閉まらない!』


『冷蔵庫が壊れた!』



など



どれも緊急かつ重要な問題です。 


スタッフも連休中はフル稼働なので、


そこで動くのがGW中の僕の役割です。




今日は最終日


トラブルなく、皆様の楽しい連休に良い時間を過ごすお手伝いができれば幸いです。



Trackback(-) comment*0 | 仕事
2017/04/08 (Sat) 01:35

届ける「おもしろさ」



お客様に対して僕たちが届けたい価値がどれくらい届いているのか。

また、それらを価値有りと感じていただけているのか。

想像で判断するとこちらの都合のいいことになっちゃうので、煩わしいとは思いますが弊社店舗ではアンケートの記入をお願いしております。

できるだけ気軽にお答えできるようにと、全店舗にアンケート回答用のタブレットを配置しました。

そこで 

「おいしさ」

「たのしさ」

「おもしろさ」

を計測するようにしています。


各店舗が毎月このアンケートの結果をもとに施策を考え実行していきます。


近々 にはとりや六甲道店がこんなことをやります。

2.png


「おもしろさ」 の部分ですね。

お客様の反応を見て継続イベントにするかもしれないとのことです。

僕も娘を連れて行こうかな〜

https://r.gnavi.co.jp/drtw0ct50000/chefevent/






Trackback(-) comment*0 | 仕事
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。