--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2017/02/03 (Fri) 07:33

2016年 飲物 ランキング



2016年 印象に残った 「飲みもの」 編


前置きは省いて

さっそくいきましょう。





第5位

天平流ハイボール


S__57884696.jpg

もう大分酔いもまわって、そんなに飲めないから薄めのハイボールで凌ごうとして注文したハイボール。
ウイスキーではなく焼酎のソーダ割。 最高。 








第4位

賀正軒の緑スープ


S__57884698.jpg

緑のスープは豚骨ベースにバジル、オリーブオイルをブレンドしたもの。3ヶ月ぶりくらいに食べるラーメンであり、意外っぽいけど合わないわけがない組み合わせに頷きながら確認しながらすすっていると底が見えた。










第3位

シークァーサー酎ハイ

S__57884695.jpg

沖縄で買ってきた旬のシークァーサーを惜しみなく5個分絞ったチューハイ。シークァーサーの果実にちょっとだけ炭酸を感じるほどの割合。汗も吹き飛ぶ爽快な一杯。







第2位

アワイチ完走後のビール


S__58114062.jpg

アワイチ完走後に行ったサウナの食堂で乾杯したビール。 血となり肉となりました。








第一位

みんなで飲んだ麦とホップ

S__58114063.jpg

外で飲んだ、皆で飲んだ、時間を気にしない、てこともあり、「何を飲んだか」ではなく、「誰と飲んだか」なんでしょうね。





ということで 2016年 印象深かった飲物Best5は



5位 ハイボール

4位 ラーメンスープ

3位 チューハイ

2位 ビール

1位 発泡酒


でした。 活字にすると とっても素敵です。



普段写真を全然撮らないので苦労しました。


今年はジャンルを決めて年末にランキングするために撮っておこうと思いましたね。


さぁ 今日もいい日にしましょう。













スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2017/01/25 (Wed) 20:05

2016年 ランキング 食べ物編



なんとなく去年食べて

印象深かったものを

ランキング形式で挙げてみようと思います。

ただし 活字だけでは「ほう」とか「へー」と共感できないと思うので

ライブラリをスクロールしまくって

写真がある食べ物だけにしたいと思います。






2016年


印象深かった食べ物Best5







第5位


自分で作って焼いた餃子


S__57860106.jpg

手前味噌ではありますがとても美味しく作れました。

ひょっとしたら新事業が生まれるんじゃないかって気にもさせられます。

この頃から僕の餃子熱は上昇中です。







第4位


焼きビーフン


S__57860104.jpg

健民レストランで食べた焼きビーフン。子供の頃から親しみのあるアレです。家で食べるものとは全く次元の違う美味しさでした。

これを食べたことによって我が家で焼ビーフンが供されることは無くなってしまったでしょう。








第3位


高島で食べた松永シェフのパン

S__57860103.jpg
 
ロケーションといい製法、素材へのこだわりをとても感じる五感で美味しいパンでした。

シェフもかなりのローディなようで琵琶湖のレースで再開できることが楽しみです。







第2位

青森で食べたしょうゆラーメン


S__57860107.jpg

ほんとに何気なく入った一軒。ただなんとなく徒者ではない雰囲気はありました。自家製手打ち麺、メンマ、蒸し豚、白ネギ のみのとてもシンプルな1杯は僕のラーメンランキングではNo.1です。










第1位

みんなで食べたパエリア


S__57860109.jpg
S__57860110.jpg

たしか美味しかったはずです。大鍋を使い社員全員で楽しく食したシチュエーションがスペシャルなことになってますね。

大きいリビングはいいものですね。







ということで



5位 餃子
4位 ビーフン
3位 パン
2位 ラーメン
1位 パエリア



と なりました。


もし写真が無ければこんな表記になってるわけですね。 


さて 「誰が知りたいその思い出」 ランキング


次回は 飲み物編を 公開したいと思います。


マニアックなあなた


お待ちくださいませ。


Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2016/07/12 (Tue) 08:20

串カツ と 自己表現 




そういえば先日 3月末で退職した元スタッフと芦屋の串カツ店へ食事をしに行きました。


阪神打出駅で集合と言ってるのに阪神芦屋駅で待ってるような女ですが、わざわざ和田山から来てるので阪神電車の一駅隣くらい同じようなものに見えるのだろうと 大目に見ます。




お店へ到着

S__42377230.jpg



ようこそいらっしゃいまし どうぞどうぞ のwelcome感がとても心地よい。






まぁ いろんな話をしながら過ごします。




自分の考えをしっかり持ってる人との対話は面白いです。



違いを楽しんだり、同じものを共有したり 




意見があるから出来ることです。



自分の考えや思いをしっかりと表現していくことが良質な相互理解に繋がりますね。




生まれた時から遠隔地の友人といつでもリアルタイムでコミュニケーションが取れる世代よりも、青春時代をアナログで過ごしてきた世代のほうが




積極的に自分という人間を表現しているような気もします(気のせいかもしれませんが)。直接的であったりあらゆるメディアを使ったり。




出来ないことが出来るようになった、出来ないときを知っている



いつでも出来る が当たり前で 出来ないときを知らないとの違いでしょうか。


このフレームは別のことでも置き換えれるかもしれませんね。





と なんとなくその時の食事を思い出した朝です。



さぁ 今日もやることいっぱいです。


いい一日にしましょう。


Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2016/06/20 (Mon) 12:26

先週を振り返る




元気ですか!

元気です!



はい  生きてますよ 



先週、先々週は打合せと会食が多かったですね。 


突発的な対応が必要なこともたくさんありました。 非定常時作業です。


建物、設備等も独立した部分補修では思いもよらぬ場所に影響が及んだりしますね。体系的に管理することが重要です。

バタフライエフェクトです。




さて、


先週を走馬灯のように振り返ってみます。


N氏とランチ商談

実りがありました。 よろしくです〜

S__41869323.jpg


下ろし立ての板にベースワックスの手ほどきを頂く

S__41869326.jpg


Mちゃんシリコンバレーへ引っ越し お見送りへギリギリ間に合う 行ってらっしゃい ファミリーで絶対行くから泊めて

S__41869337.jpg


ずっと探してたモノの名前が判明 模造紙じゃないのね
 
S__41869338.jpg



工期が大幅に遅れるかも という事態発覚。 だけど なんとか影響はなさそうで良かった。

S__41869343.jpg




はしも さんとランチ   このカリアゲ部分だけを1,000円でカットしてもらったらしい。 ツーブロックてエコやん。

S__41869356.jpg


ダーイシと鮨ランチ  スタッフ思いの一面が見れました  

S__41869341.jpg



天満ぶらり  

S__41869360.jpg

参考になります

S__41869361.jpg



K氏の起業寸前ミーティング  やっぱりあなた飲食が好きね 

S__41869332.jpg



家の近くにある 食べログにも無記載、電話番号非公開のいいお店へ寝酒

S__41869324.jpg



ルクア蔦屋にある隠れ家っぽい会議室で商談 

その後は天六〜福島ぶらり

バイス

S__41869351.jpg

立ち飲みの進化 現在進行形 面白い  

S__41869349.jpg



イースター島のモアイが5周年だったので見に来ました

S__41869359.jpg



まさかの加古川 

S__41869348.jpg



このおでんを筆頭にさらなる盛り上がりになるか それにしても投資が大きい

S__41869335.jpg



高島にある Iさん別荘地にできた永松シェフのイタリアパン店へ  どこを切り取ってもPhotogenic

S__41869329.jpg



江戸期からの建築物を再生するプロジェクト 写真では全く表現できてないが絶景

S__41869353.jpg



さんちかでランチ  海鮮丼 

S__41869334.jpg




明石でTさんとハモで会食 合同研修決まりです 

S__41869322.jpg




父の日の前日に キッチンで食べ物を漁っていると見つけてしまった娘からの表彰状 

片栗粉のとこに置いてました

S__42008580.jpg





さぁ  今週も楽しんでいきましょう


Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2016/05/30 (Mon) 11:09

Spend their own way of time



人の流れの絶えない 一等地と呼ばれる場所も面白いけど

全く人の歩き着かない路地だからこそ実感できるんですね。

7年前にデリランテでオープンした時はこの通りにはお店なんてほとんど無かったし

夜は避けて通るような暗い通りだった。



そこで「路地裏から外食の楽しさを発信しよう!」ってことで開店。

もともと人が居ない場所で毎日の営業の成果が目に見えて分かる環境なんでみんなめっちゃ頑張った。

川井鬼軍曹なんかはパスタの茹で汁で脚の指ヤケドして包帯巻いて夕5時〜朝5時の営業するとかかなりタフな営業。

口内炎も治らない。




そして気がつけばたくさんのお客様に囲まれていた。




そんなこんなで この通りも 今となってはたくさんのお店が開業され、お店選びで回遊する人も安心して通れる路地になった。




そしていまは HOPSTAND として通りを灯している。




毎晩スペシャルな時間が流れ、SNSでは体験できないリアルなコミュニケーションがなされている。




そんな場所には必ずアイコンとなるキーマンが居る

S__39673876.jpg




毎夜、各々が自分らしく好きなように過ごせる「街の寄り道ステーション」が機能している。

S__39673875.jpg


Spend their own way of time


Trackback(-) comment*0 | 振り返る
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。