2018/12/27 (Thu) 12:16

11年目



はやいもので、12月26日で にはとりや三ノ宮店が開業11年目を迎えました。

知恵も技術も教養もなんにもないキャップ野郎でしたが、心配してくれる人はたくさん居ました笑

そんな大切な方たちに支えられて第一氷河期をなんとか乗り越えさせていただきました。

そこから少しづつ、本当に少しづつ一見様に来ていただくようになり今まで続けることができています。

狭くて怪しい入口の階段を、延べ20万人以上の方が通って来てくださいました。

これからも変化をしながら、揺るぎないものは大切に、存在していけるように進めていきます。


経過年数とか年号とか時間に関わることが憶えられない僕。

こうやって振り返れるのも

ラーメンを食べながらゴリラ君に「今日で11年目すよ」と教えられたので気付く始末。


いつまでたっても心配してくれる人たちに救われています。


S__12394501.jpg
Trackback(-) comment(-) 振り返る
2018/05/08 (Tue) 00:06

思い出した



少し前に食べたアレがめちゃくちゃ美味しかったんです。

なんともずんぐりで味気ないし、近頃のインスタ映えとは無縁のヴィジュアル。

見た目なんのその 期待値の低さ故か否か、フォークを入れるとアレなんです!

まさかあの大きさ、あの量を食べきれるなんて!

この驚きをシェアしたい! ってことでお土産に購入。

見渡せば同じ感情で同じ行動の仲間達だらけ。 やはり満たされればシェアしたいって欲求が最後にくるのですね。 AIDMAS!

さらに購入できる日が年間で数日しかないなんて! 


めちゃ美味しいなーって言われるもの作りたいなー。

と思い出したのでした。
Trackback(-) comment(-) 振り返る
2018/02/15 (Thu) 01:14

凝縮2日間

先日 年に2度のEGのアソシエイトミーティングへの参加と、見てみたい厨房機器があったので東へ。

初日の用事を早々に片付けとあるお店へ。

前日に予約の連絡を入れたところ日曜日は定休とのことだったのですが、惨めなおっさんを日曜日の新橋に放り出すことが出来ない女将の性分でしょうか。

まさかの僕一人のための緊急貸切開店

ink (5)

ちょうどソムリエ&パティシエの友人夫婦とも会う約束をしていたので3名で訪問。

尽きない話で盛り上がります。

女将さんの店がある場所は世界中のどこであろうと第2の故郷と呼べるほど心理的距離が近くなるでしょう。

本当に楽しく笑売をしている方です。

ここでしばらく時間を過ごし、その後は懐かしの恵比寿でゆるりと。

朝まで宴。

翌日は川井鬼軍曹も合流しての怒涛の8軒見学。

翌朝は異様に早い時間のフライトで帰神。せっかくいいホテルを用意してもらったのに滞在4時間ほどでサヨウナラ。

とっても疲れた2日間でしたが目的は遂行できたので充実です。

それにしても出張になると普段より予定を入れてしまうバイアスはなんなんだろう。

ink (4)


今までは品川が定宿でしたが新橋に変わりそうです。




Trackback(-) comment(-) 振り返る
2017/11/01 (Wed) 10:07

路地を灯す光

秋雨前線の通過によりグッと気温も下がり、週末にゆっくり衣替えの予定も慌ててクローゼットから上着を引っ張り出した人も多いんじゃないでしょうか。
僕は薄生地短パン&Tシャツの装いではさすがに肌寒いので、やむなくできるだけ薄めの長袖長ズボンで過ごしております。
おしぼりのようにくるくる巻きにしてポケットに入るくらいの軽い服が好きなので。


さて 

先日、福島の焼き鳥店はY君へ会いに行ってきました。
皆が思いつくTHE福島の喧騒から離れること約5分。
この通りには店の明かりもなく、地元民でなければ避けて通りそうな暗い路地。
その商売を始めるには悪環境であろう立地にピンときてから8年が経ちます。

創業間もなくFCのノウハウも持ち合わせてなく、本部機能もない状態で始めたFC店。
僕自身が本部であってSVである、代わりの効かない仕事でした。
そこの店主がY君です。

開店3ヶ月は苦労しましたね。 予定通りでしたが笑。

その間にオペレーション試行改善の繰り返し、基準のものをローカライズさせるサイクルを立ち漕ぎで回します。
徐々に店主に合った、地域に合った店へ擦り合わせて行く感覚です。

そして地道に1人づつのお客様に向き合う営業を続け、半年後には店主のキャラも相まって賑やかな店へと昇華しました。

そのまま数年堅調な営業を続け、まさに絶頂ともいうべき時に FC契約満了とし店主の店へと移行しました。

その功績は僕のものではなく、店主によるものが多かったわけです。
何かを「教える」には物足りなさすぎ、頼られてもトライアンドエラーというスタイルだったので正解に近い解は「一緒に試してみる」ことで得ていたのですから。

僕としては FC本部という機能や契約面、用意すべき環境など実践にて学ばせてもらったことで十二分に知識回収できたと合点いっています。

加盟店としての契約はありませんしルーティン業務は行なっていませんが、関わっていることはほんの一部残っています。
これはビジネスではなくお付き合いの範囲でやらせてもらっています。

久々に店内を覗くと見慣れない席があります。 増床していました。 順調そうです。
いいスタッフも居ますね。
とても気持ちの良い充足感を得れました。
これからも長くこの路地に光を灯し続けてください。


これら経験を活かした新しいことを始めようと思います。

S__66035723.jpg









Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2017/02/03 (Fri) 07:33

2016年 飲物 ランキング



2016年 印象に残った 「飲みもの」 編


前置きは省いて

さっそくいきましょう。





第5位

天平流ハイボール


S__57884696.jpg

もう大分酔いもまわって、そんなに飲めないから薄めのハイボールで凌ごうとして注文したハイボール。
ウイスキーではなく焼酎のソーダ割。 最高。 








第4位

賀正軒の緑スープ


S__57884698.jpg

緑のスープは豚骨ベースにバジル、オリーブオイルをブレンドしたもの。3ヶ月ぶりくらいに食べるラーメンであり、意外っぽいけど合わないわけがない組み合わせに頷きながら確認しながらすすっていると底が見えた。










第3位

シークァーサー酎ハイ

S__57884695.jpg

沖縄で買ってきた旬のシークァーサーを惜しみなく5個分絞ったチューハイ。シークァーサーの果実にちょっとだけ炭酸を感じるほどの割合。汗も吹き飛ぶ爽快な一杯。







第2位

アワイチ完走後のビール


S__58114062.jpg

アワイチ完走後に行ったサウナの食堂で乾杯したビール。 血となり肉となりました。








第一位

みんなで飲んだ麦とホップ

S__58114063.jpg

外で飲んだ、皆で飲んだ、時間を気にしない、てこともあり、「何を飲んだか」ではなく、「誰と飲んだか」なんでしょうね。





ということで 2016年 印象深かった飲物Best5は



5位 ハイボール

4位 ラーメンスープ

3位 チューハイ

2位 ビール

1位 発泡酒


でした。 活字にすると とっても素敵です。



普段写真を全然撮らないので苦労しました。


今年はジャンルを決めて年末にランキングするために撮っておこうと思いましたね。


さぁ 今日もいい日にしましょう。













Trackback(-) comment*0 | 振り返る
profil
Recent Entries