--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2014/08/17 (Sun) 00:23

気軽なフィットネス



何でも楽みながら過ごせるか。

充実した日々を送るのに重要な基準。

しかし当たり前に波があって、なにをやってもうまくいかなかったり、思うように進まない時もある。

選択や意思決定のときにこの状態に気付いては遅い。機会は待ってくれない。

自分のパフォーマンスにフィットするかを案じているうちに鮮度を落とすか、オーバーヒートする。

そこで、僕なりに簡単に自分の状態をコントロールする方法がある。

「ジョギング」と「整理整頓」。

普通は調子がいいときにジョギングしそうだが、僕は調子がイマイチなときにこそジョギングをする。

そうして身体を使ったアプローチで心と体を整える。

身の周りを整然とすることで頭を整える。

こうやってコントロールするように心がけている。

仕事も遊びも家庭円満も

花を見て「きれいだな」って思える状態でいることが大切。

スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 未分類
2014/08/13 (Wed) 18:00

時間管理の副産物

最近更新できてなかった。
その理由として、毎日しないといけないことが多かったり、舞い込んでくる件に対応したりとそれなりに忙しくも充実してる日々なので仕方ないかな〜とも思ったりもしたが全くそうではない。
言い換えれば、それは漠然と流れてくる潮流に乗っかっているだけで主体性を持って時間の配分を行っていないだけである。
 「忙しいから出来ない」は主体性の放棄である。
「やる」から「出来る」のであって、「忙しい」は結果であり、その状態にならないように時間管理を行わなければならない。「忙しいから出来ない」は「時間管理も出来ていませんし、やろうともしていません」に近い。
もちろんこれはマニュアルワーカーに押し付ける理論であってはならないが、仕事を設計する立場の人間ならこれくらいの翻訳機能を持つべきだろう。

はい、そういうことです。 ブログを書く時間を作ることから時間管理を身につけていきます。反省。

さて、今日は最近聞いたナルホドな話を備忘録的にタイピング。
少々強引な展開だけどいいかなと思う。




夢に向かって進むとき、必ず訪れる挫折

そのとき人は愚痴を吐く

『なんで俺だけ』、『無理だよ』、『しんどいな』 など

吐くの「吐」は「口」から「十」プラスと「−」マイナスが出ている

マイナスもプラスも出してもいいが、徐々にマイナスを減らしていく

すると「吐」から「−」が無くなり、「叶」 「叶う」になる

夢を叶える道中では「困難」や「災難」や「苦難」がある

それは悲しいことではない

「難」が無い状態は「無難」 無難な人は誰もいない

「難」が「有」ることは「有り難し」

つらい時は「逃」げてもいい 目指す夢さえ同じであれば遠回りも構わない

自分の「手」でまた「挑」めばいい

どちらも「兆し」はある






歴史を学ぶと同様、人々の知恵によって作られた言葉という道具からも生きていく教えがある。

あらゆるヒントは既に溢れているような気がした。


以上。



おっとブログに充てた時間を5分早く終われた。

計ったことで、評価が出来た。

自分を褒める為にも時間は管理するべきだ。










Trackback(-) comment*0 | 未分類
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。