2014/12/25 (Thu) 09:36

メリー抜き

娘にサンタが贈り物を置いていきました。

しかし娘は置いていかれた贈り物が怖くて近づけません。

僕「サンタさん来てくれたねー」

娘「いやーーー!こわいー」


僕「プレゼント枕元にあるよー!ほら!」

娘「いやーーーーーー!」


記念すべき人生で初の大役サンタになった瞬間を動画で撮影するも、ホラー映画ばりの張り詰めた空気観を出す新米女優のせいで「メリー」とは言えないクリスマスの朝でした。
スポンサーサイト
trackback*0 | comment*0 | 遊び
2014/12/25 (Thu) 00:14

徒然

ここ3日は 打合せと突発的な対応の連続。

90分の打合せが3件入るだけで、移動やら合間を含めるとあっという間に5時間を使う。

と、そこに代わりの効かない緊急な用件が入ってくるとあっという間に1日が終了。×3日みたいな。

そんな中でもありがたいこともあり、
年末ということもあってご丁寧に顔を出してくださる取引先や関係企業の方がいて、その懇話は大切な時間として過ごしている。

と、そんな感じ過ごしていると、うっかり今日がクリスマスイブということを忘れてしまってた(゚o゚;;

店では何かやってるのかな。

帰宅時に閉店間際で子供への贈り物を購入。

「サンタきてほしいけどこわいからねる」らしい。

サンタとお化けの区別が曖昧。


店には明日アレを持って行こう。



今日の発見

求人媒体の営業の方との打ち合わせは、いつの間にかまったく原稿には載らないし、不要である幼少時代から現在までの話をしていることが多いとわかった。情熱大陸の取材と間違えてました。







Trackback(-) comment(-) 徒然
2014/12/22 (Mon) 23:38

ドラッカー公開読書会 @神戸

今僕はドラッカーのマネジメントを勉強している。

勉強と言っても学生の頃のように学校に行き、問題集を解く訳でもなく、著者の作品を読むというシンプルな方法。

ただ、「読む」ということが実はそんなに簡単ではない。

体系として理解しながら、いつでもそのセンテンスが整頓されている引き出しを引き当てれる状態が「読む」の真髄。

言葉ひとつひとつの意味を曖昧に進めては文脈が読めない。

また、実体験に置き換えて本の中で体験やフィードバックすることも重要。

そして何より実践すること。

本を通して学んだことを実践することで「読んだ」と言える状態で、著者の目的でもある。

僕は来年2月から神戸で始まる「読書会」に参加するという形で読み深めるつもりだ。

「読書会」とは自分以外の人の「気付き」や「実体験」が溢れる場。

本来は10回をワンセットとして月1回継続的に開催されているが、神戸の読書会開催に先駆けて、1回だけ読書会を体験できる『公開読書会』が1月27日に開かれる。

おまけにドラッカー学会理事であり、「実践するドラッカー」シリーズの著者である佐藤等先生の講演が聞ける。


是非一緒に学びに行きませんか。


公開読書会 表
公開読書会 裏


Trackback(-) comment*0 | 学び
2014/12/20 (Sat) 21:28

繁忙期を使う

今年はほんとにありがたく忘年会が多い(自分が呼ばれている会)。

前半に集中してて、1日から始まり18日でほぼ終了した。残りは2会。

この間で10会ほどあったのでなかなかの肝臓集中攻撃だ。

おかげさまで午前中はまったく使い物にならないことも1日あり、物理的な仕事量も少なくなってしまった前半。

来週からは、いやほんとは12月は、やるべきことが山積みなので明日の日曜日は休み返上で猛集中する。

同時進行の案件が多い時ほど、コンセンサスを得ずに突っ走ることが多い傾向にあるので注意したい。




さて、

12月の大商戦もようやく先週末から始まった様子。

店舗のスタッフには、年末の活気あるお客様のエネルギーに負けないように楽しんでもらいたい。

それほどの人が飲食店を必要としてくれる月は12月以外に代わりはない。

そんな月だからこそ感じ易い、社会への必要性と、われわれの仕事の役割や意味、プライドを感じて貰えたら嬉しいなと。



この仕事の醍醐味は店で起きることがほとんどで、事務所のデスクでは味わえない。

僕たちの仕事は高度でユニークな仕事であるべきで、

機械化されてはならないし、画一化されるものでもない。

空腹を満たすだけでもなく、ただ高級なものを求めるでもなく、「外食ならではの楽しさ」を求める人には、マニュアルワークは退屈だ。

怒濤の宴会パワーや、活気に押されると、自分の良さは発揮できずに店の景色と化す。

そこで負けずに存在感を何かで表す。料理だっていいし、最高の笑顔でもいいし、元気な声でもいい。

その部分はその人にしかない強みや個性でないとかき消される。

思いっきり自分を出すことで、その人ならではの独特の体験をお客様に提供することができる。

そんなことをする機会に恵まれているのが12月。


お客様で溢れ、活気のある状態を切り盛りすることはわれわれにとっては一番の栄養だ。

たくさんの人に「ありがとう」と言われる機会があり、自分の存在を認めてもらえる機会がある。

12月の繁忙期を売上への期待に焦点を合わせてはならない。


自分がなぜ飲食店で働いているのか、なぜこの仕事が好きなのか。何にやりがいを感じているのか。

どうやったら楽しんでもらえるか、喜んでもらえるか、「おいしい」と言ってもらえるか、、、。

こんなことを一番考え、感じれる月だ。そこで出た答えは信念を強くする。働き方を変える。

それは仕事を続けていく上で重要な指針になりうるはず。


そんなものを見つけれたら、または再確認できたら、気持ちのよい新年を迎えれるんじゃないかな。
















Trackback(-) comment*0 | 仕事
2014/12/17 (Wed) 08:59

情報懇話会

昨日は神戸新聞様の情報懇話会に招待いただきました。

著名な方の講演を聞いたのでピックアップして備忘録。

対象が50代以上の経営層に向けた講演で、若年層に対してのマネジメントの話が中心。

一般的な会社では世代間ギャップによる問題やトピックスがあることを再認識し、ほぼ同世代でやっている弊社は世代間ギャップが少なく、それが強みであると同時に弱みにもなりうることを客観視できた。


□現代の経営課題

・日本人の強みである「チームワーク力」が発揮出来ない
・経営効率の追求➡チーム貢献より、個人責任
・若手メンバーの協働力が低下➡組織の成果が低下?


□若年層の特徴

・コミュニケーション力低下
・自己顕示、自己表現弱い
・自己愛が強い、自分らしさへのこだわり
・他人のことに共感しづらい

   原因…①与えられる環境で育つ ②外で遊ばない

☆若い時期のハングリーさは動物の本能であるモノを「穫る」能力に影響する


□成長のロジック

成長=仕事(実行、分析)×学び(教育、勉強)×刺激(モデル的人物、異体験)


□メンバーが求めるリーダー(若年層の回答)

1、正直(信頼出来る)
2、先見の明がある
3、ワクワクさせてくれる(楽しみながら仕事する)
4、有能


□おいしい寿司屋

1、すし匠
2、はしぐち
3、宮葉


所感

マネジメントの体系を意識して聞くと、全体のどの部分の話をしているのか、それは本質なのかテクニックなのか、を聞き分けながらインプットできた。
またしても基準となるひとつのモノサシの重要性を再確認。

今日の忘年会2件。


ストレッチ、朝ラン3km 遂行。 


Trackback(-) comment*0 | 遊び
2014/12/15 (Mon) 10:12

増量中

12月に入って忘年会が続いている。



12月1日   午前8:00時点  体重 70.4kg

12月15日  午前8:30時点  体重 73.5kg


104% 増量 

1日200g増量しているので、このままだと大晦日には76kg

やばい!

明日から早朝ジョギングを始めよう



Trackback(-) comment*0 | 健康
2014/12/11 (Thu) 09:06

弊社忘年会

先日(2014年)行われた弊社忘年会の模様です。
MC
2年連続の総合司会 ハシモトヨウジ

84bb03233d3ed7bb89cbbf31078d6f700f2568ebstd.jpeg
店舗対抗で賞品をかけての戦い ゲットの瞬間

顔塗1
二人羽織でエレキテルという画期的な名勝負 

a028fb9be34d693fb4fb2d9c63e0ed1ff23ca363big.jpeg
タモリンピックの一コマではない

こんな感じで和やかに営まれました。

ここで去年(2013年)の忘年会の様子をご覧ください。


IMG_5339.jpg
進行を行う ハシモトヨウジ

IMG_5324.jpg
賞品をかけて真冬のガリガリ君早食い

IMG_5352.jpg
伝説の名勝負 パンスト相撲とダーイシの模型


写真データを管理しないと記憶まで曖昧になりそうな程、景色、空気感が似ています。


今年の忘年会は実行委員会を作り、僕がテーマと予算を設定し、それ以降は委員会に遂行してもらいました。

委員長 ハシモトヨウジ はじめ

ユウ ユウタ モリコウセイ ヤマニハちゃん 

お疲れ様でした。 打ち上げしましょう! そしてハシモト 経費の清算しないと横領になります。


来れなかった人も、こういう機会をたくさん作っていくのでまた次回。

来年は「遊び」「学び」を通して成長する集団になります。



写真を撮る人も酔ってるため構成がおかしい全体写真
1363adc7e12e8b22ca7a063716a179f4790e5872big.jpeg
Trackback(-) comment*0 | 遊び
2014/12/10 (Wed) 09:54

嗜み方

12月に入り、忘年会が続いている。

12月に入ってからは、デスクに向き合う時間がほとんどなく、家では風呂と布団しか使わない最近。



お酒を飲み過ぎると決まって頭痛の朝を迎える。

そんな朝が嫌だからと、バーでイブプロフェンを服用しながら角ロックを飲んでいた時期があり、そこのバーテンダーに「この人はもうすぐ死ぬ」と思われていたらしい。

朝の頭痛を招かないように飲み方を変えようと、「短い時間でたくさん飲む」の飲み方から「少量をゆっくり飲む」に変えてみたが、結果として飲む総量は変わらずさらに、いっこうに帰る気配のない飲み方になってしまい大変不評を招いている模様。 さらに頭痛は解消されず。

社員を飲みに誘って断られるのは嫌だから月に一回、社内向けに「飲もう会」という名称で、ただ僕が街で飲んでるので、誰でも参加してくれっていう会をやっている。
開始当初は仕事上がりのスタッフが8人くらい来てくれてワイワイやってたのが、帰る気配のない飲み方が大変不評で直近の「飲もう会」にいたっては参加者が2人という事態になっている。

少量を長くゆっくり飲んでも、飲む量は変わらないし、体力も使うし、翌朝頭痛を起こすし、短くたくさん飲んでも酔っぱらって帰る気配が無くなるし、周りはドン引きなので、自分への対策として残りの忘年会は
「もう一軒いこ」を言わないようにする。

おそらくこの言葉で相当な迷惑をかけているはず。 禁句にする。

もし言われたら注意してください。





Trackback(-) comment*0 | スタイル
2014/12/05 (Fri) 03:42

金次郎さん

「道徳なき経済は罪悪であり経済なき道徳は寝言である」 二宮尊徳(二宮金次郎)


利益を追求する経済活動に無心になると手段を選ばずに人の道を外れても目をつぶるようになる。

また、きれいごとを並べても利益が出なければ存在すら出来ないということ。

さらに言い換えると、

経営理念がないと手段を選ばない詐欺集団にでもなり得る。

しかし立派な経営理念があろうとも、利益を創出できない事業はただのキレイゴトで終わる。

言い得て妙。

肝に命じる!












Trackback(-) comment*0 | 未分類
2014/12/03 (Wed) 11:42

今年を振り返る

師走に入り今年も残すところ僅かとなってきた。
今までの師走とは変えなきゃいけないことが多々ある。
今年は気付かされることが非常に多く、いわゆる「気付きっぱなし」状態。
無知さを知り、イケテル人の思考に触れて差を感じ、日常の怠慢さを痛感し、計画性の無さ、意思の弱さを露呈し、自分がやらなきゃいけないことを行う基礎の部分が弱いにも関わらず上物を建てている状況ということに気付きっぱなし。
「変えなきゃ」と思いはするもののデイリーワークと突発的な事象への対応で時間の波に流され、昨日と変わりない一日が終わっていく、そんな1年だった気がする。

教習所すら通えない自分が、思考、行動を変えるにはどうしたらいいか。

強制的に時間を作るしかない。



学生時代に自動車免許の教習所に通う自身が無かった僕が、合宿に申込み強制的に取得できる時間を束縛したあの方法(後述の「あの方法」)。



去年までの僕は自身の成功体験や失敗体験で物事の判別や、意思決定を行ってきた。しかしここ数年で事業で起こるあらゆる出来事が自分の経験値では処理出来ないものが増えてきた。
スポットを絞ったセミナーや勉強会で、局地を乗り越える策や知識を取り入れ、その場は凌いで来たが本質的な解決に繋がっていないような居心地の悪さと言うか、納得感の弱さと言うような違和感を憶えていた。
その違和感が広がり行く果てには、おこなっている事業の行方や目指すべき方向と現状との整合性を考えることに至る。
理想、目標、目的、夢、希望、計画、ビジョン、指針、、 言葉の意味を分からず何となく用いてきたので頭の中が整理出来ず、ブロックを積み上げるように建設的に考えれない状態。
この状態は明らかに勉強不足であり、小さな成功に甘んじていた為に招いている。
どこから整理整頓していくか。何を知るべきか。

「何の為に今の仕事をやっているのだろう」

明らかに創業時と今では考え方が違う。いや、違ってはいないが変化し肉付けされている。

「会社ってなんだろう」「どうあるべきなんだろう」

この疑問から解消していこうと決めた。

何かを決めると、不思議と決めた道が開ける。
信頼している同業の先輩に偶然なのか必然なのか「実践するドラッカー 事業編」という勉強会に誘われる。

事業の定義付けを行うというのだ。

ここで今年一番大きな気付きをする。そしてここから気付きっぱなしの1年が始まる。
ドラッカーの著書との出会いである。

そこであの方法で時間を抑えることを決意する。
ドラッカー著書の読書会FT養成講座へのエントリーだ。
合宿形式で年間の日程が決まっている。おのずと必要な読書時間も必要になる。

養成講座で世の中には向上心を持って常に学んでいる人がたくさんいるということを知る。
特別な人は居ない。それなりに、それほどに学んでいるということ。


今年は学び方を学んだ。
来年はもっともっと学びにどん欲に向き合う。
そして今年学んだことを表現していく。
実際に行動に変えていく。


「お客様に喜んでもらう為に、楽しんでもらう為に」何をするべきかという自らへの問いが、「会社って何だろう」、「どうあるべきか」となり、「何の為に働くのか」といった原点にまで戻ることになった。

今年一年の最大の成果はシナジーカフェは何をする会社なのか。そして何を成果とするかを見つけれたことだ。
会社を4期やってようやく骨子ができた。

今年の自分と圧倒的な差をつけて向上する為に来年の目標を練っている。

目標を公開し、進捗状況も月一回月末に公開していく。

久々のブログも実は来年用の目標の一つ。「200件投稿」。

イラチな僕は今日から慣らし運転。

目標は後に発表するが、達成することを楽しんで挑むので目標策定段階でワクワクしている。


それではこの辺で。


※投稿を増やすことで文章を書くことを磨こうと思います。 支離滅裂でぶっきらぼうですみません。 







Trackback(-) comment*0 | 振り返る
profil
Recent Entries