--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2015/03/27 (Fri) 00:37

Pランチ

今日のパワーランチはタイ料理屋さんでバイキング。

ここのご主人はニューヨーク駐在の日本大使専属料理人としてニューヨークでご活躍中。

とっても素敵な和食屋さんを閉めて単独渡米中。奥様が神戸のお店を取り仕切られている。

まだまだビジョンがあるようで刺激になる。



さて

今回のパワーランチは「ロジカルコミュニケーション」を楽しく遊びを交えての勉強。

ロジカル=論理的、つまり論理的に思考を整理して相手と情報のやり取りを行うこと。

その中でも一番簡単なロジックを解説して、あとは実践で遊びながら体感。

基本中の基本 「結論」、「理由」、「理由と結論を結びつける」 この3つを組み込むこと。

『雨が降っています だから 傘をさします』 たったこれだけ。

結論=行動 とも言えるし、理由=状況 でもOK。

これだけでも相手に推測させるようなコミュニケーションは相当無くなる。

当たり前のようだけど意外とこの3点が組み込まれた業務上のやり取りは少なかったりする。

実際のコミュニケーションの実例を用いて修正してみる。

ピース濱口はとっても楽しそうで為になったんじゃないかな。

反応が良かったんで、来月後半の研修項目に入れよう。多い方が盛り上がるしね。
















スポンサーサイト
Trackback(-) comment*0 | 学び
2015/03/25 (Wed) 22:32

ええ店

今日はデリランテ六甲道店で先輩方とお食事

ここは「3世代利用できてお酒の飲めるファミレス」を目指すお店。

昼には保育園の卒園式後の貸し切りで、子供たちが走り回るような会が開催されたりする。

最近では春休みと卒業式付近ということもあり若い学生で賑わっている。

でも隣ではカップルが居たり、奥ではコンパが催されてり、なんでもありな空気感がなぜだかこの店では

非常に絵になる。

ごちゃ混ぜ感が絶妙に心地よい。

無意識のうちにお客様同士の声のボリュームも上がってくる。

連休なのかってくらいここのお客様はよく飲む。

そんな光景を見ると嬉しいな〜

客単価とか、原価率とか人件費とか、とかとか そういうものが一旦どこかへ吹き飛んでしまう。


店の目指す姿が実現できていたり、近づいていることを感じれる時が一番嬉しい。


そしてそんなときは結果的に経営的な数値は上々で、適正になっている。

コンセプトを実現することは卓上では出来ないんだな。

目の前のお客様に全力で向き合うことが一番。


逆に数値や会計目線からのコンセプトへのアプローチは一番遠い。

お客様にとってどうでもいいことだもんね。

そんなことより 美味しいのか、気持ちのいいサービスがあるのか、楽しく過ごせるのか 

これが最大の関心事なんだな。


デリランテ六甲道店 いい店です。


先輩に嬉しい言葉をいただきました。


「まるでパブリックハウスやね」


最高の褒め言葉です。


まだまだできることがたくさんありそうです。


楽しみながらやっていきましょう!S__5226503.jpg
S__5226502.jpg



Trackback(-) comment*0 | 振り返る
2015/03/24 (Tue) 14:27

社内研修 〜白ワイン〜

先日は社内研修で白ワインのテイスティングと味や香りのスコアカード記入の実践。

白ワインになるぶどうの種類をお勉強。

種類によっての特徴をお勉強。


さて それでは実際に飲んでみて 味、 色、 香り、 酸味、 甘み、 など


スコアカードに記入してみましょう。


うん これは酸味が強いな〜  


ボディ感があって飲み応えがあるな〜


とか やりつつ


次いでこの設問


「どのような香りか」


?????



柑橘系


そう  すべて柑橘系の香りに思ってしまう。


あ! これはコーヒーで勉強したことと同じだ!



香りのパレットが頭に入ってないと何回同じ香りを嗅いでも記憶した香り情報にアクセスできないのだ。


僕の経験では白ワインの香りのパレットが柑橘系と花というようにかなり広いぼんやりしたものなので、全部それになってしまっている。

「取締役統括JSA認定ソムリエ」 という 堅い肩書きの川井講師にレクチャーをいただく。


ほう これはグレープフルーツね。


なるほど これを石油っぽい香りというのね。


こ これが ネコのおしっこ臭というのですか!


そんな感じで主要な白ワインの品種の違いをきっちりインプット。


ぜひ赤ワインでもやってほしい研修内容。


S__5193731.jpg















Trackback(-) comment*0 | 学び
2015/03/12 (Thu) 00:32

日記

ありがたいことに業界の情報メディアからの取材が入った。

こんな零細企業の取組に興味を持って頂いているので喜んで快諾。

媒体として面白い記事になる内容があるかは分からないがありのままでいいんじゃない。


ライターさんはアウトソーシングでフリーランスのお方。

いろいろと街の事情に詳しい人だったので話が弾む

せっかくなんでビール飲みながらいかがですか? はい よろこんで。


てな具合で 弊社取材は13時ビールで乾杯で幕開け。


そのせいもあって予定より1時間ほど多く時間を使う。


ライター自ら写真撮影。

S__4751366.jpg

腰がはいった見事なポージング。


夜は河内鴨料理 田ぶち

の田渕夫妻の結婚記念日&旦那様コータさんの誕生日会を

菅さんのお店炭火串焼きとワインのお店obiobi で。


ありきたりケーキならぬ寿司ケーキ


ほとんどシャリがない

S__4751365.jpg


そのまま久しぶりに4時まで飲酒。

当然二日酔い。


超絶二日酔い後の 社内研修の講師役。 




さて 3〜4月はスタッフ採用強化期間。


面接やエントリーを頂く機会が多い。

もちろん有料媒体を使ってるのでそうでないと困るのだが。



弊社バリューのひとつ

「人をたいせつにする」

面接も来る方も大切なお客様。

おもてなしのこころと、相手の立場に立ったアクションを心がける。 


ご縁のあった方も、なかった方も 

ありがたい気持ちを忘れずにいよう。







Trackback(-) comment*0 | 日記
2015/03/10 (Tue) 00:47

変わること

「企業が売っていると考えているものを顧客が買っていることは稀である」


企業側、つまり売り手側が


売りたいと思うもの


価値があると思っているもの


それをお客様が価値有りと感じ、買っていることはあまりない ということ。


なんとも恐ろしい事実であって、事業を根底から定義し直さないといけなくなる衝動を憶える。


事実、《にはとりや》 はこの言葉で創業時から素晴らしい取り組みと思い、掲げてきた「朝引き鳥のみを使用」を廃棄した。


廃棄したと言うよりも、お客様へ向けてのファーストメッセージから外した。※朝引き鳥メインは変わらない


流通が困難でコストもかかる「朝引き鳥のみを使用」をお客様は大絶賛して買ってくれていると思い込んでいたが


実はお客様は「おいしい焼鳥」、「いろいろ食べれる」、「焼鳥屋にしてはおしゃれなイメージ」を買ってくれていた。


今まで労力とお金をかけてまで死守してきた価値が、お客様にはそんなにどころか全く関心のないことだったのだ。


「朝引き鳥のみを使用」を提供価値から外し、上記の買って頂いている理由3つを強化した。



「朝引き鳥のみ〜」のときは焼鳥の売切も値打ちがつくと思っていたけど、お客様は「いろいろ食べれる」ことに満足があったので、売切が起こらないように在庫の増量と安定供給を行ったり、やることが大きく変わった。



その結果 お客様の数が増え、売上も伸びた。




しかし 世の中はどんどん変わる。



昨日の成功に安住していられない。


シナジーカフェのミッションである「外食の楽しさとライフスタイルの提案をする」


ことに基づき


一定期間、もしくは節目においてコンセプトのチェックをしないといけない。


常にお客様が買ってくれている理由と提供しているものとのギャップは無いかを検証しなければならない。


うねりをあげて押し寄せる外食のトレンドと世の中が移り変わるシフト。


昨日フィットしてたものが今日はミスマッチだってあり得る。


そのため僕たちはどんどん変化していきます。


変化することを楽しんでいきます。



こんな面白いことは他にあまり見当たらない。










































Trackback(-) comment*0 | 仕事
2015/03/07 (Sat) 01:20

「楽しむ」とは

ホップスタンドオープン辺りからタイムマネジメントが機能してないことがしばしば。

色んな案件やお誘い、お声がけ頂けるうちが華。

全力で毎日を過ごしたいと思う。

気がつけば2週間ブログ書いてなかった。

今日から矯正。


写真がある件をちょっと振り返る。


左にアブク、バルストロ等を運営する有無有限会社の朝山社長。右にボス アキラさん。

個性的な強みが突出した人から出る言葉は意味深い。同じ言葉でも「誰が言うか」で言葉の解釈が大きく変わる。



社員総会

会議のファシリテーション、タイムマネジメントを向上させたい。



神戸実ドラ最終日

実践するドラッカー 神戸誘致から1年近く。最終日の懇親会はHOP STANDで。


最近の昼ごはん

ここのところ いや 昔から昼ごはんの時間をとる優先順位が低すぎ。意識しておにぎり一個くらい食べるようにしてる。


仲間入り

先月に事務所に仲間入りしたコピー機。インクジェットだけど従来使用してた機器より遥かに優秀。2月度MVP。





写真をとる習慣が無いので、ブログを書く人間としては意識的に記録として撮ったほうがいいのだろうかとも思ったけど、思考の整理を目的としているブログなので、まいっかと。






話は変わって本題


僕が好きでよく使う言葉

「楽しむ」


僕の持論は「楽しむ」ことは動詞であり、

行うことであり、方法である。

「楽しい」は受動的な感情。

行動と感情は全く別物。

人の感情、言葉、行動は「恐れ」か「愛」のどちらかに属するという。

恐れに帰属する思考、言葉、行動は

恐れる状況に「ならない為に」の活動になる。

愛に帰属する思考、言葉、行動は

希望する状況に「なる為に」の活動になる。

困難な時、行き詰まりそうな時に「恐れ」に属する思考に入りやすい。

そんな時こそ「この状況を楽しんでやる」と思えば

自ずと思考、言葉、行動が肯定化される。

ネガティヴに支配されない。

どんな状況、状態の時でも自らを前向きの姿勢に、思考を肯定的に正す方法が「楽しむ」。

簡単には、現時点からワクワクする状態を目指すこととも言える。

「楽しむ」方法をとれば、自ずとポジティブになってしまうのだ。

だから僕は「楽しむ」ことが好きで

意識的にも「楽しむ」ようにしている。

すると気がつけば「楽しい」状況になっている。










Trackback(-) comment*0 | スタイル
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。