2015/03/25 (Wed) 22:32

ええ店

今日はデリランテ六甲道店で先輩方とお食事

ここは「3世代利用できてお酒の飲めるファミレス」を目指すお店。

昼には保育園の卒園式後の貸し切りで、子供たちが走り回るような会が開催されたりする。

最近では春休みと卒業式付近ということもあり若い学生で賑わっている。

でも隣ではカップルが居たり、奥ではコンパが催されてり、なんでもありな空気感がなぜだかこの店では

非常に絵になる。

ごちゃ混ぜ感が絶妙に心地よい。

無意識のうちにお客様同士の声のボリュームも上がってくる。

連休なのかってくらいここのお客様はよく飲む。

そんな光景を見ると嬉しいな〜

客単価とか、原価率とか人件費とか、とかとか そういうものが一旦どこかへ吹き飛んでしまう。


店の目指す姿が実現できていたり、近づいていることを感じれる時が一番嬉しい。


そしてそんなときは結果的に経営的な数値は上々で、適正になっている。

コンセプトを実現することは卓上では出来ないんだな。

目の前のお客様に全力で向き合うことが一番。


逆に数値や会計目線からのコンセプトへのアプローチは一番遠い。

お客様にとってどうでもいいことだもんね。

そんなことより 美味しいのか、気持ちのいいサービスがあるのか、楽しく過ごせるのか 

これが最大の関心事なんだな。


デリランテ六甲道店 いい店です。


先輩に嬉しい言葉をいただきました。


「まるでパブリックハウスやね」


最高の褒め言葉です。


まだまだできることがたくさんありそうです。


楽しみながらやっていきましょう!S__5226503.jpg
S__5226502.jpg



Trackback(-) comment*0 | 振り返る
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil