--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2016/05/30 (Mon) 11:09

Spend their own way of time



人の流れの絶えない 一等地と呼ばれる場所も面白いけど

全く人の歩き着かない路地だからこそ実感できるんですね。

7年前にデリランテでオープンした時はこの通りにはお店なんてほとんど無かったし

夜は避けて通るような暗い通りだった。



そこで「路地裏から外食の楽しさを発信しよう!」ってことで開店。

もともと人が居ない場所で毎日の営業の成果が目に見えて分かる環境なんでみんなめっちゃ頑張った。

川井鬼軍曹なんかはパスタの茹で汁で脚の指ヤケドして包帯巻いて夕5時〜朝5時の営業するとかかなりタフな営業。

口内炎も治らない。




そして気がつけばたくさんのお客様に囲まれていた。




そんなこんなで この通りも 今となってはたくさんのお店が開業され、お店選びで回遊する人も安心して通れる路地になった。




そしていまは HOPSTAND として通りを灯している。




毎晩スペシャルな時間が流れ、SNSでは体験できないリアルなコミュニケーションがなされている。




そんな場所には必ずアイコンとなるキーマンが居る

S__39673876.jpg




毎夜、各々が自分らしく好きなように過ごせる「街の寄り道ステーション」が機能している。

S__39673875.jpg


Spend their own way of time


Trackback(-) comment*0 | 振り返る
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。