--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback(-) comment(-) スポンサー広告
2018/02/12 (Mon) 10:53

串打ち



弊社の焼き鳥は「朝引き鳥」を使用しております。


様々な鶏肉を見てきた結果、僕たちはブランドや銘柄よりも「鮮度」を重視して取り組むことにしました。

どんなに名のあるブランドでも鮮度が良くなければ残念なものです。

そのため弊社では生きた鶏肉の解体から、お客様のもとへ提供するまでを12時間以内に収めています。

それを可能とするには鶏舎と処理場と店舗の物理的な立地関係とアナログではありますが、毎日頑なにその日の肉をその日中に全て出荷することにあります。

この流通と取り組みによって鮮度を維持しています。

それには一見非効率ではありますが毎日職人の手で肉の状態を見ながら串打ちをする必要があります。

「昨日たくさん串を打ったから今日は少ない」 ということは基本的にありません。

毎日オールインオールアウトなので、徹底した手順、ポーションで串打ちの仕込みを行うのです。

それは本当に骨の折れる作業です。

お客様に届ける価値に基づいて僕たちの「仕事」が決まります。

手元への目線からお客様のシーンへ目をやることで、この頑なな仕事を10年続けています。

スクリーンショット 20





Trackback(-) comment*0 | 仕事
2018/01/01 (Mon) 11:37

今年もお世話になります


新年あけましておめでとうございます。

幸多き1年を過ごすこと、過ごしていただくこと 約束しましょう。

2018年の始まりです。

聞こえてきますね!  カンパイ!



_synergy_nenga2018
Trackback(-) comment*1 | 感謝
2017/12/30 (Sat) 01:47

10th

先日 にはとりや三宮店がオープンして丸10年を迎えました。

関わる全ての方と存在を許していただけるお客様に感謝を意を表します。

ありがとうございます。



おそらく10年とか20年とかまとまった期間の長さををイメージするとき、定点観測できたものを無意識にモノサシに用いると思うんです。

僕にとって10年という時間的な感覚はこの店によって身体に擦り込まれました。

月並みですが、今から振り返るとあっという間。当時から10年後を見ると遠い未来。

10年という期間はどれくらい使えるものか、どれくらい変われるものか、を肌で憶えました。

もちろん反省するべきこと、欠けていることの多さは無視しませんが

それよりも

新しい事実として、当たり前だけど改めて感じれて嬉しいことがありました。

それは

健康で居れるなら

あと5回くらいこの10年という単位を過ごすことができることです。

何度挑戦ができるだろう。どれほど笑うことができるだろう。何度時間を忘れて飲み続けるだろう。皆はどう過ごしているだろう。倒れたって立ち上がるチャンスは何度あることだろう。

そう考えると楽しみで仕方ありません。


僕にとって弱みは何事にも慎重でないことです。

しかし 弱みと強みは表裏一体です。

慎重でない者にしかできないこともあるのです。

ダイナミックな10年にします。

S__12394501.jpg

Trackback(-) comment*0 | 仕事
2017/12/01 (Fri) 01:14

好きな店

所有から共有する価値観へと移行していますね。

いろんなシェアリングサービスが生まれております。

素晴らしい景色を眺めたとき、スマホで写真を撮りその場でInstagramにアップします。 

すごい便利な道具を見つけたら友達に教えてあげたり、アイデアも共有します。

そんな時代に逆行しますが


誰にも教えたくない店がありますよね。


先日はそんな店へ鬼軍曹と駅長とディープライスフィールドを連れて行きました。


働く側も利用する側も面白い。

地域にとって必要な店。

まさに三方良しです。

そして何より飲食店の必要性をとっても感じることができるアナログ感。

次は約束通り餃子を持って行きますね。

S__67469317.jpg











Trackback(-) comment*0 | 日記
2017/11/17 (Fri) 11:27

タイアップ

あるデザイン系専門学校の学生さんたちの卒業課題として弊社をご指名いただきました。

実際の課題を解決につなげる成果物をデザインする課題です。

とっても難易度が高い課題ですが、僕たちも学生たちの可能性を大切に見守りたいと思います。

インターンや産学連携とは違った形ですが、若い視座で見てもらえることは貴重ですし、将来ある学生たちに機会を提供できるありがたい企画です。

F先生ありがとうございます。
IMG_1484.jpg

Trackback(-) comment*0 | 仕事
profil
Recent Entries
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。